マンションを担保にしてお金を借りる事はできますか?

大金が必要になってしまい、普通の融資ではお金が工面できません。なので手持ちの資産なども利用してお金を用意しようと考えていますが、マンションを担保にしてお金を借りる事は出来るのでしょうか?

ある程度資産に余裕があった私はマンションを購入して賃貸収入を確保し、さらに別の資産運用にて不労所得を盤石のものとしようとしたんです。しかし次の資産運用でミスを犯してしまい、損失の補填の為に大金が必要なのです。かといってマンションを売却してしまうと資産が無くなってしまうので、それなら融資を受けてまずはしのぎ、じっくりと返済を進めていってから担保を取り戻したいと考えています。

そんなわけで、担保による融資なら多額のお金を借りられるという事で、マンションを担保にできるかどうかをお聞きしています。マンションでお金は借りられるのでしょうか?時間があまりありませんので、手早く正確な答えをいただければと思います。

マンションの状態によって異なります

資産運用って響きは良いし最近はやけに持ち上げられていますけど…リスクを説明しなかったり軽視する人が多いせいで、こうして失敗する人が後を絶たないんですよね。あくまでも資産運用は無理の無い範囲で、低リスクから初めていくのが基本です。世の中の成功者のまねをして無茶をするのは、失敗する可能性の方が高いですよ。

まあそんな説教じみた事はさておいて、マンションを担保にお金を借りられるかどうかですが、これは出来ます。不動産担保ローンなどを見れば分かるのですが、マイホームとかを利用してお金を借りる術があります。これは不動産ローンというだけあってマンションなども利用する事ができますので、交渉次第で満足のいく資金を調達できるでしょう。

ですが、マンションの購入にはおそらくローンを使ったと思うのですが、ローンは払い終えていますか?もしもローンがまだ残っている場合は抵当権というのが貸し付けている銀行に残っていますので、それを無しでは担保にはできません。ローンを払い終えていない限りは自分の所有物と断言する事はできませんので、諦めるしか無いですね。

それと、不動産ローンは担保の価値によって借りられる金額も変わりますから、マンションが古かったりすれば価値も下がって、思うようにお金を借りられません。ローンを完済していたらそれなりに年数の経過もあるでしょうから、この辺についても覚悟が必要なのではないでしょうか。

担保として利用出来るけど、そのためには前提条件があるという事を忘れないようにしたいですね。

マンション担保でローンを組むメリットは二つあります

ローンを組むときにマンション担保を設定するメリットは大きく分けて二つがあります。特に個人が利用しようと思ったときには、担保を設定しないキャッシングなどに比べると、メリットは非常に大きいと考えられますから、担保として設定できるマンションがあるのなら活用を検討してみるのも良いでしょう。

メリットの一つが融資の条件を有利にできると言うことです。マンション担保に設定することによって、金融機関はリスクを抑える事ができます。もしも回収できなかったときには、担保となっているマンションを売却して資金を回収することができますから、貸し付けによるリスクを軽減でき、そのために有利な条件で融資を行ってくれると言えるでしょう。

具体的にはどのように有利になるのかというと、まず金利が低くなります。マンションの担保価値によって異なりますが、キャッシングなどの無担保の融資に比べると、かなり低い金利で借りることができる場合が多いと言えるでしょう。もう一つが限度額です。借入限度額も担保価値に応じて変わりますが、担保がない場合に比べると大きくできる場合が多いです。

キャッシングと比較した場合にもっとも大きなことが担保の有無なのですが、これによって法的な制限が一つ解除されることになります。キャッシングのような無担保の貸し付けの場合には、総量規制と言って年収の3分の1までしか貸し付ける事ができないという規制が定められています。これがあるために、大きな資金を必要としていても、実際には大きな資金を借りることができないというケースはよくあります。

マンション担保であれば、これは無担保での貸し付けではなくなりますから、総量規制の対象外となります。ですから、年収に対する制限はなくなるのです。多くの資金を借りたいという人にとっては、これは大きなメリットだと考えられます。帳簿上の年収が低い人にとっても、こちらの方が有利に使っていく事ができるでしょう。

閉じる